こいのぼり集会(令和元年度 5月3日実施)


「こいのぼり集会」は、本校の学校行事として、小学部6年生が中心となり活動し、日本の祝日である「こどもの日」について、こいのぼりを通じて学習します。「こいのぼり集会」では、最初に「こいのぼりの由来」や、「こどもの日」について6年生がお話をし、その後、小学部児童で「こいのぼりの歌」を歌いました。

【6年生のこいのぼりのお話】    

【こいのぼりの歌】    


「こいのぼりの歌」を歌った後は、小学部児童による「自分の決意」の発表をしました。各児童、こいのぼりに飾ったそれぞれの決意を大きな声で発表することができました。発表を聞いていた児童も、一人ひとりの発表をしっかりと聞き、1年生や2年生などのかわいらしい決意には、笑顔を浮かべていました。  

【「自分の決意」発表(1年生)】    

【「自分の決意」発表(2年生)】


「自分の決意」の発表を終えた後は、ゲーム活動をしました。「わかりやすく、みんなで楽しむことのできるゲーム」を通じて、様々な学年と楽しく交流ができました。「またこいのぼりじゃんけん列車をやりたい!」という児童の声がでるほど、大変盛り上がっていました。    


【ゲーム「こいのぼりじゃんけん列車」の様子】


ゲーム活動を楽しんだ後は、校長先生のお話を聞き、最後に集合写真を撮りました。チェンナイの青空の下、児童の笑顔溢れる素敵な集会となりました。    

【校長先生のお話】    

【集合写真】    


「こいのぼり集会」の後、小学部全児童の「自分の決意」が飾られたこいのぼりを1週間掲示しました。

 この掲示は、チェンナイ補習授業校に通う児童生徒だけではなく、アメリカンスクールに通う児童生徒にも、「こいのぼり」を紹介する良い機会となりました。

 マドラスカフェ前の掲示を終えた後は、「こいのぼり集会」を通じて学んだことや思い出を、各児童が共有していけるように、各学年の教室に「自分の決意」を掲示しています。

【こいのぼりの掲示(マドラスカフェ前にて)】   

【教室内掲示(6年生)】